「ザ・コーヴ(The COVE)」への反論

「ドキュメンタリー映画「The COVE」について」で書いた冗談を本当にやっている人がいたのでご紹介。いろいろと書くよりYouTubeを直接見てもらいましょう。

ほかにもこんなものがあった。

(ここにあった映像は現在視聴できません)

これに最初に出てくるおじさんの話はストレートでわかりやすくて笑ってしまう。

これらを見ると、どうしてもIWCの議論を引きずっているように思える。なぜアメリカを中心とした反捕鯨国は、そこまでイルカやクジラを大切にしようとしているのか理解しがたい部分が残る。ビデオの中に人種差別と同様に動物差別があるからだという主張があるが、そうなのかなぁ?と思ってしまう。

以前聞いた話でなるほどなぁと思ったのは、かつてアメリカ人はインディアンを大量に殺した。その罪の意識から、とにかく何かを徹底的に保護しない限り、その埋め合わせができないからするんだと言うこと。でも、それでも何か釈然としない感覚が残る。

「The COVEについて」のコメント欄に「なぜ日本人ばかりが責められるのでしょう?」という質問があったのだが、僕は「アメリカ人は日本人なら話が通ると思っているのでは?」と書いたが、でもそれ以上の何かがあるような気もする。

twitterで知り合った作家の渡辺由佳里さんが、あるときこうつぶやいた。渡辺さんはアメリカで暮らしている。
「税金をどっかり払ったところ。私の半分も払っていない米国民が「私の税金で移民を養いたくない」みたいなことを言うたびに、凶暴な感情がわき上がるぞ」

それに対して僕はコメントした。
「@YukariWatanabe 日本でも移民がこれからますます増えるでしょう。建前ではいいこと言っても、本音では「あまり移民が増えると日本の文化が壊されるかも」なんてつい考えてしまいます。こんな僕にどう考えればいいのか、適切な助言を下さい。」

以降のやりとりは以下の通り。
「@yoji_t それはとても難しい問題ですね。140字ではとても語れない(笑)。社会経済的に低いレベルの移民が多い地域は犯罪が増えるし、教育レベルが高い移民がほとんどの私の町でもある種の問題が発生しています。門戸を開く前にじっくり寛容である点と譲らない点を考えねばなりませんね」
「@yoji_t @tinouye 以前Bostonで連載していたルポがあります。blogへのUpが中途のままですが、それでよろしければどうぞご覧ください。 http://bit.ly/DkUKI

いただいたURLのルポを読むと、なるほど人種差別がこうやって始まるのだと言うことがわかる。

ポイントは「互いに自分はわかっている気になってしまうこと」。相手のことが理解できていないのに、勝手に理解した気になってしまうこと。

僕もきっといろんなところでわかった気になっているんだろうなぁと思う。

関連エントリー

ドキュメンタリー映画「The Cove」について

ドキュメンタリー映画「The Cove」ついに日本で公開

火がつく「The Cove」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です