武甲山未来フォーラム 秩父の自然とローカリズム

2/24におこなわれた武甲山未来フォーラムに参加してきました。
内山節さんのお話しが素敵だったので、ここに要約を載せておきます。
いつものとおりメモ書きに頼っているので、お話しを完璧には再現できませんが、概要ということでご容赦を。

秩父の自然とローカリズム
50年近く前、群馬県の上野村に行きました。当時の十国峠は細くて狭くて大変な道でした。僕の車にはトランクにスコップを積んでいたから良かったですが、あれがなかったらきっと目的地には行けなかったでしょう。それ以来上野村が好きになり、そこに住むようになりました。東京との往復をするのに池袋から西武線で秩父まで来て、秩父に駐車場を借りてここから上野村までよく走っていったものです。

僕は哲学者ということですから、西洋哲学を研究してきたんですけど、西洋哲学は19世紀頃から限界を感じ始めて、東洋哲学を研究するようになるんです。それで20世紀には東洋哲学の内容は当たり前のようにみんな知っているんです。特に仏教。西洋哲学を学んでいるのでフランスにもよく行きました。フランスに行くと世阿弥の本を人文系の人たちは当然のように読んでいるんですね。日本で世阿弥を読んでいる人って、この中にもいらっしゃるでしょうけど、あまりたくさんの人は読んでいないと思います。そのくらい日本の考え方やものの見方がヨーロッパでは定着している。ところが日本ではどうか? 日本の伝統的な発想とは何かわかります?

日本では明治以降、ヨーロッパに追従するためにいろんなことやりましたけど、もうそれは時代遅れですね。何しろヨーロッパの人がそういう考え方を手放して、東洋や日本の考え方を学んでいます。人の気持ちや考え方が変わってきているのです。

かつてのヨーロッパの思想は、社会を人間が作ったものと捉えていました。だから人間が作り替えることができる。一方で日本が考えた社会というのは、人間と自然が織りなして作って行ったものと考えます。しかも、人間は生きている人間だけではない。死んだ人間も社会を作っていると考えたのです。つまり社会は「生きている人間」と「ご先祖様」と「自然」が作ったものだと考えたのです。だから、家を少しでも空けるときには仏壇に挨拶していったりしました。しかも昔は、自分のうちのご先祖様だけではなく、その地域のご先祖様のことを考えていた。うちの先祖という考え方が現れるのは江戸時代になってから。その江戸時代でもうちのご先祖様よりは地域のご先祖様の方が優先でした。それが明治時代になって本当に「うちのご先祖様」だけになった。柳田国男によれば先祖に個人名がついたのは明治以降だと言います。

“武甲山未来フォーラム 秩父の自然とローカリズム” の続きを読む

たった三日で102万回

週刊金曜日の2019年1月25日号に水俣病についての話を書いた。
すると映画「MINAMATA」がジョニー・デップの主演で撮影されていることを知る。
興味を持って調べると、助演者に美波という女優の名があった。
その人のことをまったく知らないのでネットを調べると、美波という人は二人いて、一人はその女優の美波、もうひとりは歌手の美波。
同じ名前が二人いたらややこしいだろうなと思いながら歌手の美波についてさらに検索すると、三日前にYouTubeに上げられた楽曲を見つけた。「カワキヲアメク」という曲。見ると、たった三日で102万回再生されている。おや、と思い聞く。
若者の苦しさが歌われていた。その苦しさは若者特有のもののようでいて、現代の病理につながっているもののように感じた。

「カワキヲアメク」
「あめく」なんて言葉、聞いたことがなかった。
しかし「叫く」と書いて「あめく」と読むのだそうだ。
「渇きを叫く」
「叫く」とは「叫ぶ」こと。
まわりの空気を読まなくてはならない。忖度しなければ生きていけない。本音を出せば嫌われてしまう。だから自分のことをいつも偽っていなければならない。そんな若者の渇きを叫く歌だ。
「物、金、愛、言、もう自己顕示飽きた」
「コピー、ペースト、デリート、その繰り返し 吸って、吐いた だから それでもいいからさ 此処 いたいよ」
一瞬に過ぎていく言葉が二重の意味を持っていたり、出てくる文字と実際の歌詞が矛盾していたり、目を惹き付ける工夫が凝らされている。
すごいな。

テキストマガジン「ひとつ」で連載開始

地湧社のテキストマガジン「ひとつ」で連載を始めます。
テーマは「オメガポイント」。
ほかには創刊号に「千と千尋の神隠し」のテーマ曲「いつも何度でも」の作詞をした覚 和歌子さんのインタビュー記事が掲載されます。
テキストマガジンの詳細はこちらに。
お申し込みはこちらから。
ぜひご購読下さい。