たった三日で102万回

週刊金曜日の2019年1月25日号に水俣病についての話を書いた。
すると映画「MINAMATA」がジョニー・デップの主演で撮影されていることを知る。
興味を持って調べると、助演者に美波という女優の名があった。
その人のことをまったく知らないのでネットを調べると、美波という人は二人いて、一人はその女優の美波、もうひとりは歌手の美波。
同じ名前が二人いたらややこしいだろうなと思いながら歌手の美波についてさらに検索すると、三日前にYouTubeに上げられた楽曲を見つけた。「カワキヲアメク」という曲。見ると、たった三日で102万回再生されている。おや、と思い聞く。
若者の苦しさが歌われていた。その苦しさは若者特有のもののようでいて、現代の病理につながっているもののように感じた。

「カワキヲアメク」
「あめく」なんて言葉、聞いたことがなかった。
しかし「叫く」と書いて「あめく」と読むのだそうだ。
「渇きを叫く」
「叫く」とは「叫ぶ」こと。
まわりの空気を読まなくてはならない。忖度しなければ生きていけない。本音を出せば嫌われてしまう。だから自分のことをいつも偽っていなければならない。そんな若者の渇きを叫く歌だ。
「物、金、愛、言、もう自己顕示飽きた」
「コピー、ペースト、デリート、その繰り返し 吸って、吐いた だから それでもいいからさ 此処 いたいよ」
一瞬に過ぎていく言葉が二重の意味を持っていたり、出てくる文字と実際の歌詞が矛盾していたり、目を惹き付ける工夫が凝らされている。
すごいな。

テキストマガジン「ひとつ」で連載開始

地湧社のテキストマガジン「ひとつ」で連載を始めます。
テーマは「オメガポイント」。
ほかには創刊号に「千と千尋の神隠し」のテーマ曲「いつも何度でも」の作詞をした覚 和歌子さんのインタビュー記事が掲載されます。
テキストマガジンの詳細はこちらに。
お申し込みはこちらから。
ぜひご購読下さい。

感情ってなんだ? Prayers studio「卒塔婆小町」を見て

意識とは何かという問いはいまだ答えが出ていない。意識とはこういうものという定義に従って判断する人や、意識とは意識だと開き直る人はいるが、本当に意識とはどういうものかを誰も反論させず納得のいく形で説明した人はまだいない。同様に感情が何かをすべての人に対して説得できる人もいない。

感情とは何かをどれだけ説明されても、きっと感情は動かない。だけど感情に動かされてしまった人の声は、他人に伝わる。電車の中で必死に何かを訴えている子ども。母親が無視したり「いい加減にしなさい」と怒っていたりすると、子どもの感情が乗った声はそばにいる人の感情を逆撫でしてしまう。

Prayers studioのドラマトライアル「卒塔婆小町」を見て、俳優にとって「声」は、演技よりももしかしたら大切なものかもしれないと思うようになった。なぜなら、そこには感情はもちろん、年齢や立場まで表現されていたから。

「卒塔婆小町」は三島由紀夫の「近代能楽集」に収められている。能の「卒都婆小町」からインスパイアされてできた作品。能の「卒都婆小町」の概要はこうだ。

“感情ってなんだ? Prayers studio「卒塔婆小町」を見て” の続きを読む