不思議なオジイさん その2

7月18日、目覚めの頃に夢を見た。
「知りようのないことの証拠をいくつか集めろ」と言われる。
誰に言われたのかよくわからない。
「そんなの無理」と思うのだが、しばらくしてひとつめの謎の証拠がひゅうっとやってくる。
ひえーっと思って目を覚ました。
「知りようのないことの証拠を集めるなんてそんな簡単なわけないじゃん」と思っている自分が「おかしいのかも」と思い、何か長い間謎だったことが簡単に謎でなくなったりしないかなぁと思う。
このところあちこちで「ホツマツタエ」に出会うので、『言霊 ほつま』という本をひさしぶりに開いてみた。
つらつらと読んでいくと、天道宮という神社がかつてあり、現在は消失してわからなくなっているという記述があった。なぜか知らないけど、これが怪しいなと思い、ネットで検索。
天道宮は再建されていた。
http://everkyoto.web.fc2.com/report1178.html
天道宮の何に僕はひっかかったんだろうと調べて行くと、その神社内に明治天皇の皇后、昭憲皇太后の御胞衣埋納所の碑があることを知る。
びっくり!
毎年バリ島に行っているが、そこの風習の一つに、赤ちゃんが生まれたとき、その後産、つまり胎盤を家の隅に埋めるというのがあるのだ。同じような風習が日本にもあったんですね。
あともうひとつ気になったのは、この神社に市杵島姫命が祀られていること。江島神社の祭神がここにも出てきた。
で、これが知りようのないことの証拠の一つだとしたら、あとは何を見つけていくんだろう?

 

この日の昼過ぎ、約束通りオジイさんに会った。
資料として『言霊 ホツマ』鳥居礼著を持っていった。それを見るとオジイさんは、「そこには○○○○のペンネームで僕のことが載っているはず」というので、まずは「はじめに」の部分を見ると、その終わりに、確かに○○○○という名が記されていた。
これですか?と名前を指さすと、「そう、それそれ」と言って嬉しそうにした。

 

なぜホツマツタエに出会ったのかを聞いた。
権田直助の和法の本『神遺方』に「ま、ほ、つ」という言葉が基本であるというふうに書かれていていたそうだ。そのときにはその意味がわからなかったが、どこかの古本屋さんに、松本善之助先生の「ホツマ入門」という本を見つけ、これだと思い読む。後日、松本先生を訪ねる。いまのような次第でホツマツタヱに出会ったと伝えたら、先生が「私も若い頃、権田直助先生の神遺方に出会ったことがある。よく来られた」と言われたそうだ。
それ以来、松本先生が和光市でおこなっていたホツマツタヱの研究会に通うようになる。ここに小笠原長清さんと鳥居礼さんが参加していた。この勉強会で富士山本宮浅間大社でおこなわれた言霊の祭典のことを知り参加する。そこで吾郷清彦先生に出会い、『春日言霊学』という著書をいただいた。そして須田麻紗子先生を紹介してもらう。須田麻紗子先生は『完訳 超古代史 秀真伝』という本を出版している。
須田麻紗子先生のお母様が、ずっとホツマツタヱについて研究していたそうで、はじめて須田先生のところにうかがったとき、お母様はまだご存命であった。ただし、よくしゃべられない状態だった。ところがオジイさんが挨拶すると、霊感で「よく来たね」と言ってくれたそうだ。と同時にお母様の状況がよくわかったそうだ。それによると、須田先生のお宅は非常に苦労されてホツマツタヱを翻訳してきた。しかし、他人にはほとんど理解されない。しかし、地道にそれを続けてきた結果、やっと最近になって理解する人が現れてきた。つまり結果としてみんなの踏み石になったのだが、それでもいいという覚悟でそれを継続してきた。現代医学の歪みを正そうと、ホツマツタヱに含まれている和法や日本古代を研究した。しかし、明治からの近代化の業が非常に重いので、なかなかうまくいかない。でも精神や魂はきちんと保たれていて、「よく来たね」と言ってくださった。きっとオジイさんがなんで来たのかもお見通しだったと思うという。

 

ここでオジイさんの過去について聞いてみた。
オジイさんは群馬大学の医学部に在籍していたが、勉強中に西洋医学について疑問を抱くようになった。たまたま在学中に腰痛になったので鍼灸の木下春都先生のところに通うようになる。そこで日本の医学、和法に興味を持つようになったそうだ。
大学を卒業したが医師にはならず、木下先生のところに通い続ける。鍼灸を習うためだ。しかし、杉山真伝流は一子相伝のため、なかなか奥義は教えてもらえない。その奥義を教わっている人に少しずつ教えてもらいながら理解を深めていった。10年も通ったそうだ。しかし、そこに通うだけでは鍼灸師にはなれないので鍼灸師になるために呉竹学園に通った。

 

しかし、このあたりから話は不明瞭になる。なぜかは長い会話の中から少しずつ探った。オジイさんの父親は歯科医だったそうだ。その父親は息子が医者になることを期待していたようだ。ところが医者にはならず、和法を始める。父親には「和法の医師など偽医者だ」と言われたそうだ。父親の仕事は弟が継ぎ、弟との仲もうまくはいってない。
さらに本人は、和法をおこなうためには利益を追求してはならないという。神の力を得て治療するのに自分の利益を先に立てると目が曇るというのだ。しかし、あまり治療はしていない。一介の鍼灸師になるのは嫌だという。どうしたいのかと聞くと、日本の人たちが和法を思い出し、その価値が認められ、きちんとそれで治療ができる状態を整えたいという。

 

オジイさんは語る。
日本はウォーギルトインフォメーションプログラムによって洗脳されている。
明治の五箇条のご誓文以来、凄まじい状態にあると思う。要するに表面は平和だけれども、平和という名のもとで虐殺がおこなわれている。
たとえば病院では御注射とか、薬とか言う美名で毒物を投与されて殺されている。では誰が責任を取るのかというと、誰も責任を取らない。厚生省に言ったって、厚生省も責任は取らない。若い頃厚生省に抗議に行った。厚生省の健康政策局というところに通された。そこでなんと言われたか。「あなたは政治家を知っていますか?」 要するに、政治家を通せば言うことを聞こうということ。「一個人としてのあなたのいうことは聞けません」といわれたようなもの。そこまではっきりは言われなかったけど。いまは厚生労働省。昔の厚生省はいまほど厳重ではなかったので、中入って上まで行って、ちゃんとノックして入って説明して、トップまで行ったら、「変えられない」と言われて終わりです。
医療業界ではユダヤの偽医者を医者と呼び、日本の正統医療行為者を医業類似行為者とか、偽医者とか言ってます。日本古代の科学を基にした社会福祉制度を作らなければならない。それが本当の社会福祉制度。それを政治家に言うとよく言われるのは「前例がない」。
たとえば、布袋様はてっぷりと太って幸せそう。でも今ならメタボとか言って治療されてしまいます。その治療は寿命を縮める。かつての和法なら、幸せに生きていけたのに。

 

ユダヤ資本の企業は一年で何百億の広告費を使って、日本人を締め付けているんです。
日本の企業すべて合わせたら相当の額になるはず。この頃はCEOとかって外国の人が経営していたりしますけど、日本人が経営しているところもありますよね。そういうところで日本人が頑張ることがどれほど大変なことか理解しているつもりです。もしかすると僕の理解を超えて大変なのかもしれないけど、とにかく頑張って下さいってことです。ユダヤ資本の企業に対抗するのであれば、その何倍も広告費にかけなければならない。日本人にとって、これからは大変な時代だ思う。
若い人は、アメリカのおかげで戦後の経済復興はなされた、マッカーサーのおかげで復興できたと洗脳されています。しかし、真実はそうじゃない。戦前に生きていた人々は国家神道を信じていた。その方々が、自分の身を犠牲にして日本国を守って来たからどうにかいままで日本国が存続していた。だからもし、そういう方々の犠牲、魂が消え失せれば、やがて日本は滅んでしまうだろう。そしてはっきり言えば、ユダヤにアメリカのインディアンが七面鳥を捧げたら、絞首刑にされてしまったということをはっきりと知らなければ、日本は滅んでしまうだろう。滅びなくても、医学の名の下に虐殺されている。これをどうにかしなければならない。

 

僕にはオジイさんの話は、少し大袈裟だとしか思えないが、和法が効くならきちんと使えるようにすべきであるとは思う。ワクチンがちっとも効かないという話や、海水が万能治療薬であることをルネ・カントンが発見したことなどがネットに流れている。確かに一部の製薬会社や医療団体が、利益を確保するために特定の情報を隠蔽したことくらいはあったかもしれない。でもそれがすべてユダヤ資本のせいかどうかまでは僕にはいまのところわからない。権力を握っている人のことをひとくくりにして悪者にしているように感じるのだが、実際はどうなのだろう?

 

知りようのないことの証拠を集めろって、このこと?

この話の続きは、こちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です