The Coveの自主上映会 2/11代々木にて

ドキュメンタリー映画「The Cove」のDVDが手に入ったので、友人知人10名ほどで一緒に見ました。

見終わったあとでそれぞれの感想や意見を交換し合ったのですが、それがとても楽しかった。いろんな思いが噴出します。ある人は「動物を人間が簡単に殺してしまうことが問題だ」といい、ある人は「ここで言われている水銀とは、どんな水銀かはっきりしないのでもっと詳しく説明しなければ駄目だ」といい、ある人は「意見が偏りすぎている」といい、そしてある人は「殺されたイルカが最後に尻尾を振っているのが痛ましかった」と言いました。そして、全員一致したのは「もっとたくさんの日本人がこの映画を見て、その上で言いたいことをいい、変えるべきところを変えればいい」ということでした。

この映画を見れば、主人公であるリチャード・オバリーがどんな悲しみを抱えているのかがよくわかります。彼に共感する人はきっとイルカ殺しをやめようと声を上げ始めるでしょう。それが怖くて漁業関係者はこの映画を日本で上映させたくないのかもしれません。

仕立てはイルカ殺しをやめさせようとする映画ですが、深いところに横たわる問題はコミュニケーションの断絶です。

太地町の漁民たちは明らかに被害者です。一方で加害者でもある。リチャード・オバリーやこの映画の制作者も被害者であり、加害者です。互いに被害者であることばかりを訴えても話は先に進みません。同様に日本人も被害者であり、加害者です。この問題を無視し続ける限りそれは変わりません。この映画は日本以外ではかなりの注目を浴びています。それがなぜなのか、いまの日本人には理解できません。なにしろその作品すら見られないのですから。2010年1月30日現在で44もの映画賞を受賞しています。そして、オスカーの候補作としても残っています。

The Cove公式ページ

この映画が日本で見られないのは、他の国とのコミュニケーションの断絶を深くするだけです。見たあとで他の国の人たちといろんなことを言い合えば良いのです。それができないことが大きな問題です。この映画は見た人がみんな何か言いたくなるような面白さがあります。つまらないから上映されないのではないでしょう。

イルカ保護の団体がこの映画の無料自主上映会をします。その際にパネルディスカッションがあり、パネラーとして呼んでもらいました。僕は必ずしもイルカ保護を訴える者ではないので、どんな話になるか楽しみです。

イルカから地球環境を考える「海・イルカ・人」Vol.3
2010年度 アカデミー賞 長編ドキュメンタリー部門 ノミネート作品
「THE COVE」(ザ・コーヴ )上映 & トークセッション
         
日 時: 2010年2月11日 (木・祝日)
時 間: 14:30〜21:30(4部構成)
    * 部分参加可。詳細は下記をご参照ください。
参加費:無 料(但し事前予約が必要です)
会 場: 国立オリンピック記念青少年総合センター「センター棟 101号室」
    〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
アクセス:小田急線 参宮橋下車 徒歩7分、
(駅にアクセス案内有り)/ 地下鉄千代田線 代々木公園駅(C02)下車、
(代々木公園方面4番出口)徒歩約10分 / 京王バス 新宿駅西口(16番)、
渋谷駅西口(14番)より代々木5丁目下車 すぐ。地下駐車場有ります。
詳細サイト⇒ http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
会場内での食事は禁止です(飲み物OK)/
2階にカフェ、近隣の棟にレストラン、売店が有ります
主 催: エルザ自然保護の会
    〒305-8691 茨城県つくば市筑波学園郵便局私書箱2号
     http://www.elsaenc.net/index.htm
協 力: オフィスタラーク、DRUMAGIK、パンゲアシード、サークリット
ご予約方法: 「サークリット」まで、メール、お電話、FAXでご予約下さい。
E-mail circlet@gem.hi-ho.ne.jp
TEL 0422-22-0311 FAX 0422-22-0312
※ なるべくメールでお願いします。
ご予約の際は、1.お名前、 2.Eメールアドレス、3.お電話番号、4.4部のうちの
どの部に参加ご希望かをお知らせ下さい。
ご希望の部を自由に 組み合わせて、あるいは、一部のみのご参加も大歓迎です。
E-mailでご予約の際は、件名を「2月11日イベント参加希望」とご記入下さい。

◆映画とイベントの内容◆
<第1部・第4部>海外各国で大きな話題となっている
日本のイルカ猟を題材にしたドキュメンタリー映画「THE COVE」を
上映します。
今回、この映画の監督であり、OPS代表のルイ・サフォイアス氏と、
映画の中心人物であると同時に、イルカの保護・救済活動を世界的に続けている
SJD代表のリチャード・オバリー氏の希望によって、
この映画が資料映像として上映されることになりました。
イルカが好きな人、環境汚染や食の安全について考えている人はもちろんのこと、
あらゆる世代の人々に観ていただきたい作品です。
<第2部>重金属問題のスペシャリストで
財団法人政治経済研究所環境問題研究室主任研究員の小野塚春吉先生の講演と
質疑応答。演題は「高次捕食性海生生物における環境汚染物質の
濃度レベル—健康影響の視点からの考察」
<第3部>小野塚春吉先生、ライターとして活躍されている
オフィスタラーク主宰のつなぶちようじ氏、
及び作家でエルザ自然保護の会事務局の辺見 栄が加わり、
水銀問題をはじめ、イルカ猟から水族館の話題まで、
多岐にわたってお話します。
司会進行はイルカの取材を長年続けている映像作家の坂野正人が担当します。
どなたでも気楽にご参加頂き、みなさんの意見交換の場になれば…と思います。
まず、真実を知ることからはじめてみませんか?

◆プログラム◆ *時間は多少遅れる場合がございます。ご了承ください。
14:10〜 受付開始 *受付でお名前をご確認してからお入りください。
自由席となっております。
第1部 14:30〜16:00  「 THE COVE 」 1回目上映
第2部 16:20〜17:10  小野塚春吉先生のお話とQ&A
    テーマ「水銀汚染と健康への影響およびその対策」   
第3部 17:30〜19:30  パネルディスカッション
    メインテーマ「イルカから地球環境を考えよう」
第4部 20:00〜21:30 「 THE COVE 」2回目上映
     *お話の会に参加できない方のご参加も大歓迎です。

The Cove関連記事

“The Coveの自主上映会 2/11代々木にて” への5件の返信

  1. 検索で偶然ここに来ました。
    「コミュニケーションの断絶」といわれていますが
    それは厳密にはCatch22と呼ぶべきです。

    Catch22とはなにか。小説の題名だとか。軍の精神科医をおちょくったフレーズでして、隊員が「自分は精神異常です」と医者に相談すると「自分で名乗る理性があるのなら異常ではないよ」と切り返す… 文句をいえばいうほど「そこまで言い返せるくらいなら正常だよ」とレッテルをはられるわけです。

    この映画は未見ですが、この監督さんはCatch22のトリックを巧みに使っているような気がします。見ていて何かがおかしいと感じて(このブログ主さんもその一人ですよね)そこを日本から(「日本から」ってところがミソ)指摘しても「ほらニホンジンが言い返してきた」「圧力をかけてきた」とレッテルを張って自説の正しさにすりかえてしまうわけです。

    たとえば水銀の件ですが、それはイルカを殺すのが残酷かどうかとは別の問題ですよね。もし食物連鎖による水銀の危険を訴えたいのなら、そのテーマを軸にして映画をつくるべきです。だってカジキ、マグロこそ日本で消費される量を考えればもっと危険性があるのだから。そして「食べ過ぎには気をつけよう」としめくくるのなら理解できるのですが。

    例の盗撮についても腑に落ちません。撮影させてもらえなかったので盗撮した、と監督さんは語っていましたが、これもCATCH22の手口ですね。だって牛や豚や羊やヤギの食肉センターも普通撮影はさせてくれません。センター側の考えを十分聞いてくれる相手ならさせてくれるでしょうし実際そういう作品が過去にいくつかあるわけですが、この監督さんははなっから現地の漁民の考えを聞くつもりはなかったように見えます。

    こうは考えられませんか。撮影を拒絶されることを最初から計算にいれて申し込みをし、案の定拒否されるとそれを根拠に「現地漁民は必死に隠そうとしている」と語り盗撮を正当化。肖像権の侵害という基本的人権無視の行為についても「漁民のほうに非がある」とすべてを正当化。漁民側から反論されると「ほら圧力がかかった」とさらに正当化。

    不気味です。

    そういえば東京国際映画祭に出展しようとして「あの映画祭は日本政府がバックにあるから上映させてもらえない」とか言いふらしていた件はどうなったんでしょうか。(東京映画祭は複数の民間企業による共催) 上映された後にわびのひとつもでなかったのが不思議です。

  2. JHさん、ようこそ。
    ご意見ありがとうございます。
    確かにこの映画は善意で見るか、悪意で見るかで解釈はひっくり返るでしょう。
    どちらで見るにせよ、見た上で何かを語ってはいかがでしょうか。
    推測で不気味だとおっしゃっても、実際がどういうものかは表現できません。
    JHさんも、「The Cove」の制作者が何を言いたかったのか、表現していることを見もせずに判断をしています。きちんと見てからいろいろとおっしゃってはいかがでしょうか?
    これこそがコミュニケーションの断絶だと思います。
    見た上で文句言いましょうよ。そしたら相手は聞いてくれるかもしれません。
    見もせずに文句言っても、会話が空回りするだけです。

  3. The Cove 上映、トークショーの成功を祈っています

     はじめまして、つなぶちさん。ゲルチャーといいます。
    私は現在アメリカに住んでいます。アメリカ人の友達の紹介されてThe Cove を見ました。まだお互いに議論は始まっていませんが、近いうちにきっと話題となることは間違いありません。

    ドキュメンタリー映画として、とてもよくできた作品だと思いました。映画の終わりには、確実に強いメッセージ ”なにかしなければ!”を受け止められました。 でもそれは、ただ単に、鯨、イルカを守ろう!というだけではなく、この映画は、多方からの視点は除かれていましたが、いろいろなことを考えさせられました。

    この映画を見ている最中に頭に浮かんだことを挙げると、まず、ダイアモンド、石油、チキン、牛、寿司、ベジタリアン、AVATAR,うちの愛犬クロとタロー、そして、日本社会。

    あの映画に出てきたおじさんたちに同情してしまいました。小さい町での猟師としての彼らの生活、何らかの機関で働く人々の重圧などなど、日本にいたときのままだと実感しました。私も小さい町で育ったので、彼らの様子が手に採るようにわかりました。少なくても、あの映画に出ていたおじさんたちが悪いわけではなく、批難されるべきの人たちの名前は残念ながら出てきませんでした(驚きはありませんが)。

    私の、頭に浮かんだ物のリストには、それぞれに大量の需要と供給があり、そして大量の金額とともに取引されていることが共通しているようです。人間のエゴが作り出した不自然な形の需要と供給には、かならず付けが回ってくることでしょう。それが手遅れにならないためにも、この映画をきっかけとして、多くの人が、目を口を開けることを祈っています。

    大きな鯨(魚)だから、人間と気持ちが伝わるから(イルカ)だから、人間が動物をつかえるから、だから人間のエゴから保護しなければならないのではなく、すべての生き物、自然と人間がどうやってうまく共存できるかをいまさらながら考えないということを、多くの人に気づいてもらいたいと思いました。

    私も、農家で育ち、牛の競市の当日、あの牛の泣き声をいまだに思い出します。そして、うちの愛犬たちは保健所からやってきました。そこでは、毎週大量の家なし動物たちが処理されています。これは、どこか遠くの外国で起こっているのではなく、すぐ近所でのことが単に ”犬、猫”と考えられている始末です。金銭からみの、人間のエゴは汚く勝手なものです。

    最後に、自分勝手ながら、少なくともあの町の中でそうあって欲しいと信じたいのが、あのイルカをつついて殺していたおじさんたちが、自分たちの3歳のこどもにあの場面を見せないことです。

    上映会の成功と、つなぶちさんのご活躍を祈っております。

  4. まきさん(またはゲルチャーさん)、コメントありがとうございます。
    『The Cove』についての他の書き込みも読んでくださったのですね。
    おっしゃるとおり、人間が動物全般とどうやって付き合っていくのか、そこを考えるべきですね。でも難しい問題です。愛していても食べてしまうこと。過保護の故にいつか飼っていて増えてしまった動物を殺してしまうこと。それらのことに答えを出すのはとても難しい。もしかすると一般的な答えを出してもしようがないのかもしれません。各個人が内省することで答えを出すべきで、その内省如何によっては答えが異なることを許容すべきなのかもしれません。
    人間は肉食をやめないでしょうし、やめられないでしょう。一部の人がやめるかもしれませんが、人類全体が肉食をやめるとは考えにくい。でも、考えて肉食をやめる人は尊い存在だと言えるでしょう。
    人間はいつも発展途上です。どんなに成熟しても、子どもが生まれて育っていく段階で未成熟な存在を抱えることになります。それがいいことでもあり、悪いことでもあります。常識はその対象によっては危ない考えになるものです。ある常識がなぜ生まれたのかを知った上で使わないと飛んでもないことになることがあります。
    そんなことをいつも僕たちは学びながら、生きていくべきなのでしょう。最近のスピーディーなネット社会では特に。

  5. 知人に言われて最初は先入観もなく(事前情報なしという意味)観ました。生き物が殺される場面は牛の屠殺場や巨大精肉場を観たときに感じたものと同様でした。しかし作り手の意図は明白でその演出に嫌悪感を覚えました。
    毎年漁期(猟期)にはごく普通に行われている活動です。少なくとも彼らは暗視ゴーグルやスパイヘリなんて必要はなかったでしょう。仕掛けたいけすにサーフボードでゾロゾロと入ってくれば誰だって怒りますよ。これはきれいな女優ヘイデン・パネッティーアだからって例外ではないでしょう。フリッパーおじさんの真意は本物かもしれないけれど、それをああいう形の『映画』で利用することは彼をも侮辱していると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です