「ザ・コーヴ(The Cove)」自主上映会再び

エルザ自然保護の会の辺見栄さんから「The Cove」の自主上映会をやるのでBlogに告知してくださいと連絡が来た。

「一般上映が6月にはなされるのに、どうして自主上映をするのですか?」と質問したところ、「一般上映版は太地町と水産庁が納得いくように字幕が変更されているからです」と返答が来た。

一般公開版では骨抜きにされてしまうテロップに、本当は何が書かれていたかを伝えるために自主上映会をするそうだ。

イルカの水銀汚染を訴えるための内容を、水銀含有量は基準範囲以内ですってテロップだけ変えるのだろうか? 一般公開されたら、そちらも見てみないとどういうことかよくわからないな。

オリジナルに近いテロップで見たい人は自主上映版を見ると良いらしい。詳細はこちら。

概要

「THE COVE」( ザ・コーヴ )上映 トークセッション

時: 2010年3月30日(火)

間: 19:00~22:00 *受付は18:40~

参加費:無 料(但し事前予約・当日受付でお渡しする簡単なアンケートへの記入が必要です。)

*詳細は下記をご参照ください。

場: 武蔵野芸能劇場(3階)小劇場 東京都武蔵野市中町1丁目15番10号

アクセス:JR三鷹駅 下車 北口から徒歩1(中央線(特快も停車)、総武線、東西線)

*北口を出て、右、線路沿いに歩いて、徒歩1http://www.musashino-culture.or.jp/geinou/index.html

主催・共催:映画とお話の会 代表 遠藤洋一 東京都福生市武蔵野台1-3-7 FAX 042-552-5156

エルザ自然保護の会、CIRCLETDRUMAGIKPangeaSeed

ご予約方法:メールにてお申し込みください E-mail umecham@jcom.home.ne.jp

*件名を「330日イベント申し込み」として、①お名前、②ご住所、③お電話番号4メディア関係の方は会社名を明記の上、上記メールアドレスまでお申し込みください⇒後日、受付担当者から「整理番号」を記載したメールを返送いたします。こちらが届いた段階で、座席が確保(自由席)されたこととなります。⇒当日、受付にお名前、整理番号をお伝えいただき、受付を済ませてからご入場ください。

*座席に限りがあるため、満席の場合は、ご予約いただいてもお断りさせていただきますが、ご了承ください。

*ご持参になったものを飲食される場合は1階及び3階ロビーをお使いいただけます。

“「ザ・コーヴ(The Cove)」自主上映会再び” への2件の返信

  1. 先ほど、最初の記載にコメントをしたのですが、新しいものを見つけたので、こちらに書きます。
    本日アメリカでこの映画を見ました。オリジナル版です。

    日本人にとっては、嫌になる映画です。日本人(特に漁師さん)が批判的に描かれているからです。私はダイバーなので漁師さんとも付き合いがあります。彼らは誰よりも海の生物に敬意を払う人達です。
    それでも、イルカ漁には疑問を持たずにいられません。本当にあんなに食用として必要とされているんでしょうか?害獣駆除のためでしょうか?ショー用のイルカの捕獲が主目的で、その犠牲になっているだけではないでしょうか?(この映画にはその視点も描かれていますが、途中で食文化・水銀論争にすり替わっています。)

    私は、食生活のために必要な量であれば(直接の食用であれ駆除であれ)、生物を殺すことはやむないと思います。ただ、無駄な殺生は避けるべきです(文化というなら、それこそが日本の文化ではないでしょうか。)

    この映画は日本で公開されるべきだと思いました。見た上で、さらに事実が明らかにされた上で、論議がなされるべきです。

  2. なんで、よく調べもせず、たまたま、自分に入ってきた情報だけで、物事を批判できるんだ?
    情報入手の手段が限られてるのならわかるが、ここにレス出来る手段があるのなら、調べる事もできるだろうに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です