半ケツとゴミ拾い

先々週末に京都に行った。そのとき三条か四条の橋のたもとに看板を出して座り込んでいた若者がいた。

「あなたを見てインスピレーションで色と言葉を贈ります」

地面に布を拡げ、いろんな言葉のかかれた紙を広げていた。「ああ、やってるな」と思い、あまり観察もせずに通りすぎた。10年ほど前に原宿で僕も似たことをした。「あなたに言葉をプレゼントします」と書いた札を作り置いておく。その札の前にただ黙って座っていた。しばらくすると興味を持った人が話しかけてくれる。するとしばらくいろいろとお話しして、どんなときに思い出したら元気になる言葉が欲しいのかと聞く。それでまたしばらく話して最後に言葉を紙に書きプレゼントする。そのことを思い出しながら若者が作った看板の前を通り過ぎた。

その五日後、地湧社の増田圭一郎さんに会った。いろいろとお話しをして楽しく過ごした。途中で最近出版なさった本の話になり、『半ケツとゴミ拾い』という本をいただいた。帰って読むと面白かった。

概要はこうだ。大学生まで悩むことのなかった筆者は、就職に際して自分が何者でもないことに気づく。そして何かしなければなならないと焦るのだが、何も変わらない。何もできない情けない自分。すると筆者の兄が、とにかく何でもいいからやってみろという。そこで朝六時に一ヶ月間、新宿を掃除してやると決めるが、実際にやるとひどい目に遭う。なんとかがんばって一ヶ月掃除し続けたら、半ケツの浮浪者がひとりだけ手伝ってくれるようになる。そのうちに手伝ってくれる人が増え、いじめられたヤクザの兄さんに優しくしてもらえるようになり、メディアにも取り上げられて大人数で掃除をするようになるというサクセスストーリーだ。最後には学校に呼ばれて講演会をやるまでになる。その講演会で子供たちの元気のない様を見た。

「この子たちに元気になるような言葉をかけてあげればいいのに」

そう思った筆者は自分の言葉を子供たちに与えるようになる。そして、それを路上でもおこなうようになった。そのときの写真を見てびっくりした。

「あなたを見てインスピレーションで色と言葉を贈ります」

三条か四条の橋のたもとで見た札とまったく同じものだった。世の中にはすごい偶然があるものだな。「半ケツとゴミ拾い」を読んでからあの場にいってたらきっと声をかけただろう。

『半ケツとゴミ拾い』 荒川祐二著 地湧社刊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です