孫崎享氏の講演概要

2015年8月17日(月)に国分寺駅そばにあるカフェスローで、孫崎享氏の講演会がおこなわれた。それに参加して聞いた概要をここに記す。メモ書きによるものなので、内容は完璧ではないし、ニュアンスも狂っているかもしれない。ご寛宥を。

講演が始まる前に参加者のひとりが質問をした。
「対米従属について聞かせて下さい」
孫崎氏は「今日の話にはあまり出て来ない部分があるのでお話しましょう」と始めた。

『戦後史の正体』にも書きましたけど、アメリカ追従の政治家は安泰だが、少しでも抵抗しようとすると必ずつぶされる。田中角栄しかり、竹下登しかり。しかし、この話をすると僕のこと陰謀論者というひとがいる。特に池田信夫という人。でも、考えてみて下さい。陰謀論なんかじゃない、事実です。

戦後、うまくやったのはドイツ。ドイツは戦後、四つに分割されてなくなった。ドイツが統一されるとまたおかしくなるかもしれないから分割しておこうという考えがあった。そしてもう二度とドイツが脅威にならないように近隣諸国に悪影響を与えないようにはっきりさせる必要があった。そのおかげで今のドイツがある。大切なのは他の国の脅威にならないということ。

日本では終戦というと8月15日のことだけど、世界的には9月2日のポツダム宣言の受諾によってなされたことになっている。このとき降伏文書に合意し、連合国の言うことはなんでも聞くと約束した。だから国の始まりからして「アメリカの言うことはなんでも聞きます」と言った。その象徴が吉田茂であり、昭和天皇であった。

先日朝まで生テレビに出たときに言ったことだけど、天皇制を維持することと、昭和天皇が責任を取ることは別。昭和天皇はやめるべきだったと言いました。やめなかったためにどうなったかというと、昭和天皇は戦争開始に責任を持っていたから、場合によっては絞首刑になってもおかしくない状況だった。だけどアメリカに追従することで生きながらえた。そこで彼は徹底的に米国追従になった。私たちはあまり知らないけど、戦後の歴史の中で、対米従属をやっていた人間の一人が昭和天皇。それをいろんな局面で表現していた。たとえば、鳩山一郎内閣のときに重光葵は米軍には撤退してもらいたいというが、昭和天皇はあくまでも拒否していた。このようにして米国追従のシステムがいろんなところにできてしまった。

ここからが正式な講演。

フォーブスという雑誌が毎年発表する世界で一番影響力のある女性は誰だかご存じですか? メルケルです。今年の3月に来日しましたけど、このときにとっても大切なことを言った。何をいったかご存じですか? ご存じのかた手を挙げて下さい。この公演会場にわざわざいらしたような意識の高い人でもあまり知らない。なぜか? あまり報道されなかったからです。

メルケルはこんなことを言った。私はずっと原発推進論者だったが、福島での原発事故があって、日本のような先進国でも事故が起きるリスクがあるのだと思った。だから脱原発の決定をし、2022年にはすべて終わらせる。この全文は朝日が流したけど、見出しがきちんとついていなかった。あの講演全文をすみからすみまで読んだ人はあまりいなかったでしょう。

それから高浜原発停止の際に、基準地震動というものが問題になった。これは建築物の耐震度を示す指標です。この振動までならその建物は耐えられるという揺れが、どの程度のものかを示す。単位はガル。だいたい原発は500〜700ガルと設定されていた。ところが、この10年の間に東北で起きた地震は、10回以上この基準を超えていた。大丈夫だと言われていた以上の地震がすでに起きていたのです。中越地震では1700ガルの地震が起きた。東北では最大2700いっていた。しかし、この前の東日本大震災の時の数字はどこにも出ていないはずですよ。(筆者注 実際には気象庁の文書にある。それによると最大で2933.7ガル。http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/saigaiji/saigaiji_201101/saigaiji_201101.pdf)

でも、エネルギーがないから仕方ないっていうけど、自然エネルギーの数字はすでに原発を追い抜いています。これだけ日本では被害があるのに、その地震の情報がないっていうのは、どういうことなのか? ここが日本の一番の問題。

国境なき記者団をご存じでしょう。ロシアで記者が殺されたり、イランで記者が捕まったりすると、国境なき記者団が声明を発表して、報道の自由を守る。そこが毎年各国の報道の自由度というのを発表している。日本は報道の自由度何位だと思いますか? 61位です。(筆者注 wikipediaには2014年59位が最新となっていますが、国境なき記者団のホームページに現在61位であることが示されています。http://index.rsf.org/)

僕は原発事故で日本の報道機関は死んだと思っている。311から2日目くらいに、ある人が僕に電話をかけてきた。「すぐに東京から出て行きなさい」なんで?と聞いたら、その人は米軍に知り合いがいて、アメリカ人には退避命令が出ているというんです。アメリカは北朝鮮の核開発を監視するため、上空の放射線度を監視している。だから東京の放射線も知っている。アメリカ人はみんな脱出。それくらい危機的だった。新聞とテレビはどうしましたか? 戦後最大の事故なのに取材に行かせなかった。福島あたりにいた報道機関の社員には、すぐに福島から東京に帰れと言った。会社の社員を守るためにそのようなことを伝えるのは構わない。しかし、そのことをなぜ国民に伝えないのか。「ただちに健康に被害はない」こう伝えたときにマスコミは終わったのです。それがすべてに影響している。ほかにもたくさんの重要な話が報道されなかった。

8月1日、渡辺謙がtwitterで面白いことを発信した。

「一人も兵士が戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯で出来た憲法であれ僕は世界に誇れると思う、戦争はしないんだと! 複雑で利害が異なる隣国とも、ポケットに忍ばせた拳や石ころよりも最大の抑止力は友人であることだと思う。その為に僕は世界に友人を増やしたい。絵空事と笑われても」
https://twitter.com/harryken311/status/627286045676077056

すごいことを言ってくれた。どの新聞でもこれは報道の価値がある。だけどみんな知らない。この国では重要かどうかで報道はしてない。

私はtwitterやっているので、これをリツイートしました。私のフォロワーは8万人います。いま日本ではちゃんとした情報は新聞テレビだけでは出て来ない。あるいは、アクセントが伝わらない。だからtwitterをやるべき。

この国ではもうちゃんとした情報が新聞・テレビでは流れない。ジャーナリストは報道するべき。残念ながら日本の報道機関は安倍首相の顔つきを見ながら報道している。今回安倍首相の戦後70年談話と天皇陛下が何をいったのかが注目され比較されました。今回の話はみなさんご存じだと思いますが、2013年12月23日、80歳の誕生日に天皇陛下は次のようなことを言われました。

「戦後、連合国の占領下にあった日本は、AとBを守るべき大切なものとして日本国憲法を作り、様々な改革をおこなって今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ改善して行くために、当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いてます」

AとBにどのような言葉が入りますか? 「答え、平和と民主主義」これ、ちゃんと報道されませんでした。NHKは「平和と民主主義を守るべき大切なものとして日本国憲法を作った」という部分を省きました。なぜ? 重要だから省いたのです。この国では新聞・テレビはあまりにもひどい。こんなこと言っているから私は「誇張でしょう」と言われます。そういう面はあると思います。

今年の1月1日、朝まで生テレビに出た。その直前の紅白歌合戦を見ていたら、「ピースとハイライト」をやっていた。びっくりした。テレ朝で「NHKにも頑張っている人はいるんだ」と言われ、説得されました。でも、そのあとで圧力がかかり「ピースとハイライト」の人たちも、トーンを弱めました。いろんなところでしゃべれない社会になってしまっている。

今年、新年にあたって、天皇陛下のご感想。
「本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています。」

つまり満州事変が始まる前のことをいま学ぶことが大切だと言ったのです。すごいことを言った。誰かがここを解説するべき。

私はいまだいたいテレビから排除されているんですね。ところがときどき変な人が注文してくる。最近では「日本でいちばん長い日」という映画があります。あれのパンフレットに原稿依頼が来ました。何を書いたかというと、首相鈴木貫太郎の狸じじい的要素、天皇の決心、そして阿南陸相の自己犠牲がなければ戦争はやめられなかったということ。

イギリスのガーディアンに、もし日本がポツダム宣言を受託しなければ、日本の12カ所に原爆を落とす予定だったと報じられた。

その戦争で310万人が死んだ。日本始まって以来はじめてです、そんなに死んだのは。この戦争にどうやって入っていったのでしょう? 1941年に国務次官補であったアチソンが「我が国を攻撃すれば日本にとって破壊的なことになったのは、誰にでもわかることだった」と言った。日本がアメリカに対して開戦するのはほとんど自殺行為だったのです。このとき日本政府はどう説明して開戦したのか? アメリカの真珠湾を攻撃したらどうなると思っていたのでしょう? 不思議なことに、こんな大切な歴史を私たちは学んでいない。日本の歴史の中で一番の失敗は、310万の人たちを死なせてしまったということ。この決定をどうして認めたのか、なぜ私たちは知らないのでしょう? これを調べてくれたのがアメリカ。日本は、日本自身では調べなかった。トルーマン大統領の命令でアメリカが調べた。8月15日、日本各地で空爆されたが、何カ所かされていないところがあった。それは、先ほど言った12カ所かもしれない。私は金沢にいたが、空爆されてない。それは、原爆を落とした時、被害がどのくらいになるのか調べるために取っておいたそうだ。この終戦の時の調査でわかる。

民主主義国家では戦争は長く続けられない。一年か二年でやめるというだろう。それまで我慢すればいい。

こうして戦争を始めた。その結果が今です。エネルギーは不足していない。なのになぜ原発を再稼働させるのか? こんなひどい国ではなかった。少なくとも私が外務省にいた時は、正しいことを言えば実現できると思っていた。だけどいまはこの国では、正しいことが言えない。

国鉄総裁になった石田礼助は、昭和16年に戦争はしてはならないと各企業の代表を集めて話したら、三井物産の社長だったがやめさせられた。いま、この状況に近いものがある。正しいことを言うとはずされる。

最近私はNHKの地デジに出なくなりました。あるときテレ朝モーニングバードでTPPは国の主権を侵すものになると言ったんです。そしたら自民党の大西衆議院議員がNHK会長に「孫崎というのが大変なことを言っている」と言って、それから出なくなった。でも彼は選挙のときにTPP反対と言っていた。なぜ野党は追及しないのか? だから図に乗ってこのあいだのようなことになった。(筆者注 http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/30/onishi-again_n_7693646.html)言論を脅して操作するような時代になってしまった。

話を集団的自衛権に戻す。漢字三つか四つで集団的自衛権の本質を表現すると他衛権。憲法学者の大御所樋口陽一さんが言ってる。元内閣法制局長官宮崎礼壹は他国防衛だと言っている。集団的自衛権は、日本の防衛とまったく関係がない。これがもっとも重要。こういうと「中国の脅威はどうするの?」と言われます。しかし、中国に対するシステムはちゃんとある。日米安保条約第五条。「各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する」と書いてある。つまり日本の施政下に攻撃があったときには、アメリカの憲法に則り行動すると書いてある。一方で、集団的自衛権を認めたら、アメリカは尖閣諸島攻撃の際には何かすると書かれていたのを読んだことありますか? ない。集団的自衛権を認めたら、アメリカはかつて以上に日本の防衛に力をいれるとどこかに書いてありますか? ない。日米防衛ガイドライン(筆者注 http://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/shishin/)が決まった。

「島嶼防衛は自衛隊が主体的にやる。アメリカは補助をする」

つまりアメリカは出て来ない。「切れ目のない防衛」と言ってます。つまりどこで自衛隊が守り、どこで日米安保が守り、どこが集団的自衛権か、ごまかしている。日本国民に説明ができないから「切れ目のない」と言ってごまかしている。中国との関係は、渡辺謙が言っているのが正しい。「複雑で利害が異なる隣国とも、ポケットに忍ばせた拳や石ころよりも最大の抑止力は友人であることだ」これです。

集団的自衛権のいい加減さがよくわかるのは、安倍首相がしたパネルでの説明です。日本の一般市民がアメリカ軍に守ってもらうというあれです。あれを激烈に批判した人がいました。大橋巨泉です。週刊現代にこう書いた。

「去る5月15日、安倍晋三首相は記者会見を行って、集団的自衛権の説明に懸命だった。ボクは旅行中の宿の部屋で、全容を見た。紙芝居のようなパネルを使って、「平易に叙す」ことを心掛けたようだが、その内容たるや、「大ウソ」や「スリカエ」に満ちていて、見ていて気持ちが悪くなった。率直な感想は、「この人は本当に悪い人だな」である。
まず日本人の母子らしい人が乗った米国の船を《防護できない》としたパネルを出した。これを指しながら首相はいう。「紛争国から逃れようとしているお父さんやお母さん、おじいさんやおばあさん、子どもたち。彼らが乗る米国の船を今私たちは、守ることが出来ないのです」「この議論は国民の皆さま一人一人に関わる現実的な問題であります」だって。
皆さん、こんな話聞いたことがありますか?米国の輸送船で紛争国から逃れた人など、かつて一人も居なかったはずだ」

本当はこういうことはどこかの新聞が書くべきだ。アメリカ国務省のサイトには、一般船を軍が守るのはハリウッドの脚本でしかあり得ないと書かれている。ペルシャ湾では機雷の除去をしなければならないと言っている。これもあり得ない。戦争時にペルシャ湾にタンカーが石油を取りに行くなんてあり得ない。

イラン・イラク戦争のときイラクにいた。そのときイラクがイランの港に入って石油を積み出そうとする船は攻撃すると言った。そのとき外務省から局長が来て、中立地帯に攻撃するというのは、国際法に反するからやめて下さいと言った。戦争中には無理です。石油を売って武器を調達するから。

だませると思っているからあんな説明をする。

それにしてもなぜ国民はこんなに簡単にだまされてしまうのか。理由がわからなかった。先日わかりました。認知的不協和です。ある人が煙草を吸っている。その人は知っています。煙草を吸うと肺がんになりやすい。そうすると「煙草を吸っている」ことと「肺がんになりやすい」という認知に不協和が起きる。するとどうなるか。煙草をやめるか、または「喫煙者で長寿の人もいる」とか「交通事故で死亡する確率の方が高い」とか、関係ない話を持ってくる。こういう状況を認知的不協和という。

たとえば政府の重要ポストにいたり、会社の重要ポストにいたりする。「ポストを維持するためには政権のいうことを聞く」「政権はひどいことを言っている」ここに認知的不協和が生まれる。さあどうなるか。ポストを捨てるか、政権が言っているひどいことを無視するか、どちらかです。ポストが捨てられなければ、「原発再稼働」「TPP」「集団的自衛権」考えなくなります。

2006年に日米安保は変わった。それまでは米軍をどうするかの話だった。ところが2006年を境に自衛隊を海外に使うとか米国は自衛隊をどう使うのかという話になった。このことを年上の外務省の人に「あなたはどう思うの?」と聞いたらなんと「我々はそれを考えないことにしています」と答えられた。

日本の偉い人たちは、いろんなことを考えないことにしている。

風力発電の発電量が多い国は中国。これはほとんど知られていない。驚くでしょう? 知りたくない。中国は悪者でなければならないから。

国立競技場で無駄なお金が使われそうだと騒いでます。2500億円。ところでオスプレイは一機いくらかご存じですか? 3600億円です。まったくの無駄。

日中関係がおかしくなったきっかけは石原知事。東京都が尖閣諸島を買うと言い出した。なぜ沖縄の島を東京都が買うのか? そこで国が買うことになった。石原都知事が講演しようとしたのはヘリテージ財団。そこはアメリカの軍産複合体を推進する財団。ここが2012年11月14日に「日本の政治的変化をとらえて同盟を強化すべき」という論文を出した。「大勝した安倍首相が保守であることと、日本国民が中国に抱いている恐怖感を利用してワシントンがさせたいことをさせるいい機会だ」とも書かれていた。ワシントンがさせたいこととは、集団的自衛権で柔軟な考えを持たせる、防衛費を増大させて米国がそれを利用する、辺野古移転を実現する。中国の恐怖感をあおることで集団的自衛権を実現し、軍事費を増やしオスプレイを買わせ、辺野古移転を進める。

これだけ重要なことを伝えるから私(孫崎)は陰謀論者だと言われる。

辺野古移設が問題になっているが、ドイツにもアメリカ軍が駐留している。ドイツではどうなっているのか? ドイツが返還要求すればアメリカは受けいれることと条約に書かれている。ところが日本ではアメリカに基地を返せというと、70%の人が日米関係がおかしくなると恐れている。

ウズベキスタンが独立したとき、そこに大使としていきました。そこで最初にやったことがロシア軍撤退。独立した国に他国の軍がいるのはおかしいんです。首都の上空が自由ではない主権国家はない、日本以外は。国は尊厳を持つべき。最後はどう生きるのかの問題。

私が若いときには、いい組織に入り、いいポストを持って、収入を大きくしたいと思っていました。それが私たちの生き方だった。しかし、それは違う。中野孝次の『清貧の思想』。食べるものがあり、足を伸ばして寝られればそれだけでいい。そして理想を追求する。どのように生きるのか、命をどのように大切にするのか。それが大切。

私はTPP阻止国民会議の副代表世話人。国民的安保法制懇のメンバーになっている。共通するのは命を大切にする。人間の尊厳を大事にする。集団的自衛権反対、TPP反対、原発反対とセットで言えない人は信用しない。命を大切にし、人間の尊厳を大切にするなら、全部反対しないとおかしい。

なぜいままで安倍政権の支持率が高いのかよくわかりませんでしたが、このところ変わってきています。その影響が表れてきました。70年談話に現れた。なんで右翼があれを怒らないのかと小林よしのりさんが朝まで生テレビで言ってたけどその通りです。なぜそうなったのか。支持率が下がったから。

集団的自衛権と関連法案はまだどうなるかわからない。でも、このまま支持率が下がれば、安倍首相以降の首相も実施できなくなる。ここ一ヶ月、二ヶ月が大変重要。「集団的自衛権は日本の防衛と関係がない」ということを多くの人に伝えなければならない。アメリカのためにやっている。もし通れば自衛隊の人たちが死んで行く。海外の日本人に対してテロが起きる。企業のトップは海外に行ったとき安全でいたいはず。ならばなぜ集団的自衛権は反対と言わないのか?

元内閣法制局長官が三人反対の声を上げた。国の中心にいた人がおかしいと言いはじめた。こんなことはなかった。創価大学が反対署名を始めた。自衛隊から文書が出てきた。

いまは連帯するのが大事。SNSも発信することが大事。渡辺謙さんの発言は1万人がリツイートした。そのうちの一人が私。私のフォロワーは8万人。だから渡辺謙さんの発言はものすごく広がった。ぜひtwitterをやってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です