吃驚

びっくりすることを吃驚(きっきょう)というが、そんな言葉はほとんど聞いたことがなかった。ところが最近の高校生はPCを使って書く文章にやたらと「吃驚」を使う。なぜかというと「びっくり」と入力して変換させると「吃驚」が出てくるからだ。それこそ「吃驚」!

広辞苑の第五版には「びっくり」で引くと(当て字で「吃驚」「喫驚」と書く)とある。一部の作家が、文章にあるニュアンスを持たせたいときに「吃驚」と書いたのだろう。しかし、その際にはルビがふられたと思う。先日読んだ開高健の「最後の晩餐」にも「吃驚」に「びっくり」とルビがふられて登場していた。そのようなことを知らない高校生や、ひょっとしたら小中学校生が、パソコンを使うことで、たくさんの普通には使わない漢字を、これが正しいとばかりに使うのは如何なものだろう?

奇しくも昨日、漢字検定の前理事長親子が逮捕されたが、文藝春秋の二、三ヶ月前の号に、漢字検定がいかにばかばかしいことであるかが詳細に書かれていた。書いたのは中国文学者の高島俊男氏。出題者が漢字の意味と文脈を理解せずに作った問題がいくつかあるのだそうだ。

たとえば、「列車が”方に”出発するところだった」。この「方」をなんと読むかという問題。漢文では文脈によって「まさに」と読ませることがあるのだそうだ。しかし、口語文に「方」が登場して読める人がどれだけいるのか。ほかにも「諱」という字の読み方を問題にしていた。単独でなんと読むかというならまだしも、前後に添えられた文が間違っていた。「法師、”諱”は玄奘という」。玄奘は法名で諱(いみな)は現代風に言えば本名だから、玄奘が諱であるはずがないのに、そのように読ませていたという。

かつて当用漢字というものがあった。あの頃は漢字の数を減らすためにそれを決めた。ところが常用漢字の時代となり、漢字は使えるものはなんでも使って良いと言うことになった。そこで問題なのは、一度破棄した微妙なニュアンスや意味が再生できないことだ。そのニュアンスや意味を無視して漢字問題が作られる。そこに拍車をかけたのがワープロの存在。ひらがなを打ち込めば漢字がガンガンと吐き出されてくる。その吐き出されてくる漢字を無批判に使ってしまう。今日も学生の文の中に「調度いい」という言葉が出てきた。丁度いい例だ。

ウィキペディアによると、高島俊男氏はやまとことばに漢字を当てるのは適さないと書いているそうだ。やまとことばに漢字が入ってきてしまったために、日本語が正しい発達をしなかったというのが氏の主張だという。漢字について、日本語について、あまり詳しくはないのだが、少しは勉強してみたい。日本人が日本語について考えずに、誰が考えるのか、と思う。

「吃驚」は、使うべきかどうかを考えた上で、覚悟を持って使いたい。普段普通に使うのは「びっくり」がいい。でもきっと、若い人たちは不思議な漢字を使うだろう。それが面白く感じられるのであれば。「面白い」と「正しい」では、いまのところ「面白い」が優勢だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です