サスティナブルな21世紀の”まつり”とは? 概要

2015年12月3日、秩父夜祭の最中に開催された一般社団法人「まつりごと」の主催による『秩父夜祭フォーラム』にて講演をさせていただきました。そのときの概要です。

つなぶちようじの自己紹介を簡単にする。しかし、それだけでは説明しきれないという話。自分がいったい誰か?というのは、短い時間では説明しきれない。同様に「神とは何か?」や、「祭とは何か?」や、「神様を信じるとは?」など、なかなか一言では答えられない。

つなぶちはほぼ毎年のようにバリ島のニュピという祭に参加している。なぜそんな祭に参加するようになったのかというと、大学生の頃、ガムランのCDを聞いて、鳥肌がたったから。当時のつなぶちは「鳥肌が立つ=寒い・気持ち悪い」としか思えなかったため、ガムランを「気持ち悪い音楽」としか認識できなかった。

ところが時が経つに従い「鳥肌が立つ=寒い・気持ち悪い」以外の解釈もあるのではないかと思うようになった。それが決定的になったのは、2000年頃、作家田口ランディさんとヴォイスヒーラーの渡邊満喜子さんとツアーを仕立てて屋久島に行ったことがきっかけになった。山奥にある縄文杉を見に行こうとしていたが、その前日、田口さんの知り合いが縄文杉に行く途中に建っている廃校になった小学校の校歌の楽譜を持って来た。その校歌を廃校となった小学校前で歌って欲しいというのだ。そこでホテルのピアノを借りて練習した。縄文杉に行く当日、途中までバスで行ったのだが、そのバスの中で校歌を練習した。はじめは普通に歌っていたのだが、あるとき、ある場所から多くの人がなぜか涙が止まらなくなった。僕も特に悲しい訳でもないのになぜか泣いた。そのとき鳥肌が立っていた。いったいその感覚は何か? 後日、渡邊さんにそのことを話したら「つなぶちさんは神秘的なものを感じるのに鳥肌で感じるのではないですか?」と言われ、そうなのか?と思うようになった。すると実際にそうかもしれないと思うようなことにときどき出会うようになった。

ニュピという祭は毎年3月か4月の新月の日におこなわれる。その日はバリ島中の人たちが「外出しない、食事しない、火を使わない」という、日本で言えば物忌みとか、籠りという日だった。

ニュピの前日にはオゴオゴという祭をおこなう。ねぶた祭のねぶたのような大きな鬼のハリボテを町中で引き回し、土地におりてきた悪鬼を払うという儀式をする。それは節分に似ていた。節分は旧正月にやるものである。ニュピもバリ的に言えば、暦が新しくなる正月のような日におこなうものである。

“サスティナブルな21世紀の”まつり”とは? 概要” の続きを読む

ピエール・テイヤール・ド・シャルダンについて

「しちだ」グループの右脳開発友の会が発行している『右脳開発』に三回にわたり原稿を掲載しました。こちらにその文章を転載いたします。

第一回 地球の進化について語った神父  2013年7月号掲載

『胎内記憶』を故七田眞先生の共著者として98年7月にダイヤモンド社から出版させていただきました。その際に七田先生に何度かお目にかかりお話しをうかがいました。

そのときの印象は一言ではとても言い表せないものですが、あえて言うなら聖人のようなかただなと思いました。たいていのことは「そうですね」と受け止めて下さいますが、少しでも意見が違うと「僕はこう思うんです」と言って、そのあと丁寧に話をして下さいました。その話は理解を促し、共感をも生み出すような話し方でした。そして最後に「違いますか?」と確認を求められる。自分の内側で固まっている常識やパラダイムを少しずつ解かしてもらうのは、このような話し方なのだろうと思いました。七田先生は、それまで強固にあった教育に関しての常識や思い込みを、年月をかけて新たなものにしようとし、実践してきたかたなのですから、当然と言えば当然なのかもしれませんが、話をうかがいながら何度も頭の下がる思いがしたものでした。

世界には七田先生と同様に、常識をくつがえした偉人が何人もいますが、この10年ほど僕が研究しているのはピエール・テイヤール・ド・シャルダン(1881〜1955)という人です。『現象としての人間』という本を書いたことで有名ですが、神父でありながら地層学者であり、古生物学者でもありました。テイヤールはカトリック神父のため、大きな矛盾にさいなまれます。自身は進化論を信じているが、神父という立場がそのことについての発言を邪魔します。凡庸な人物であればここであきらめ、神父をやめるか、科学者をやめるかしたでしょう。しかし、テイヤールは相いれないふたつの立場を保持しながら、それぞれの思想を深めていきます。そして、身の回りに生じる逆境を、次々と好機へと転換していくのです。

たとえば、ヨーロッパで彼の発言が問題になったとき、カトリックは根回しをしてテイヤールを北京に送ったようです。北京に行けば人の噂も静まるだろうと考えたのでしょう。ところがそこでテイヤールは次々と古生物学や地層学についての発見をし、ついには北京原人の頭骨の発見にまで関わります。その結果シトロエンがスポンサーとなり、車での中国大陸横断を果たし、それが映像にもなり、広い層の人たちに知られるようになってしまいます。このような状態になるとカトリックの神父といえども、進化について公で何度も話をする機会に恵まれます。当然その内容を出版することを望まれるのですが、カトリックが許してくれません。

シャルダンの著作は生前出版されることがなかったのですが、死後、彼の思想を大切に思った有志が集まり、テイヤール遺稿刊行委員会を結成し、そこが次々と出版し、欧米諸国ではベルクソンやアインシュタインと並び称されるほどの驚きをもってこの著作集は受け入れられました。

テイヤールがどのように当時の人々の常識をくつがえしていったのか、そして、そのことがどう右脳開発と関係があるのか、あと二回の原稿に簡単ではありますが書かせていただきます。

“ピエール・テイヤール・ド・シャルダンについて” の続きを読む

ピエール・テイヤール・ド・シャルダン年譜

ヌースフィアの概念を生み出したピエール・テイヤール・ド・シャルダンの年譜です。少しずつ内容を加えていく予定です。→(書名)p.・・ とある場合は、そこに関係した内容が書かれています。
年号のあとに月日を書きますが、月日が書かれてない場合は、その年のいつであったかは不明です。

1841年
祖父ピエール=シリス・テイヤール、ヴィクトワール・バロン・ド・シャルダンと結婚。

1844年
父アレキサンドル=ヴィクトル=エマニュエル生まれる。

1853年
母ベルト・ド・ドンピエール・ドルノワ生まれる。

1881年
5月1日 オルシノ村字サルスナにてマリ=ジョゼフ=ピエール・テイヤール・ド・シャルダン生誕。

1890年
5月10日 ルシール・スワン、アイオワ州スーシティにて生まれる。

1892年
4月 ヴィルフランシュ=シュール=サオーン(ローヌ県)にあるイエズス会経営のノートル・ダーム・モングレ高等中学校入学
5月26日 母の参列のもと、モングレで初聖体を受ける。

1895年
12月8日 聖母への献身の誓願を立てる。

1897年
8月2日 最終学年哲学級賞品授与式にて、七つの賞、一つの褒状、同窓生から名誉賞として五冊揃いのフランス人名大百科辞典が授与された。

1899年
3月20日 エックス=アン=プロヴァンスのイエズス会修練院に入る。

1900年
10月 ラバル市の修練院に移り、修練期の後期を終えると同時に哲学課程に進むに先立ち古典語、一般教養に専念する文学修士期(ユニオラート)に入る。

10人の兄弟姉妹がそろう。

1901年
3月25日 初誓願を立てる。
10月〜1902年10月 ベルギー国境近くのボンセクールにてユニオラート(文学修士期)二年目。
『テイヤール・ド・シャルダン』竹田誠二著によれば、ユニオラートの二年目はイギリス領ジャージ島でとなっている。

1902年
10月〜1905年10月 サン=ルイ学院哲学研究過程

1905年
9月〜1908年末 エジプト・カイロのサント・ファミーユ高等中学校にて化学と物理学の講師。
海産化石の研究に専念。→テイヤール・ド・シャルダン竹田誠二著p49

1908年〜1912年 イギリス、オール・プレイス(サセックス州ヘスチングス)で神学研究課程。ピエール・シャルル神父(1883-1954)に会う。

1911年
6月7日 姉フランソワーズ、上海にて天然痘で帰天。→テイヤール・ド・シャルダン竹田誠二著p54
8月24日 両親列席のもと司祭に叙品。翌日、両親は息子から聖体を拝領。
この頃にチャールズ・ドーソンと知り合う。

1912年
7月半ば パリ博物館古生物学教授マルスラン・ブール(1861-1842)に対面。
8月27日-9月4日 ベルギーのルーヴァン大学にておこなわれた宗教民族学会に出席 一ヶ月滞在を延ばしてベルギー各地をまわり古生代地層の研究調査

《エオアントロプス(曙人)事件》チャールズ・ドーソンがロンドン自然史博物館にピルトダウン人の化石を提出(1950年代に偽物とわかる)。
ルシール・スワン、ジェロール・ブルームと結婚

1913年
6月末 スペイン北西部一周。アルタミラ洞窟、サン・フェリス・デ・ブエルナ「苦悩のかまど」洞窟、オビエド市近郊のピミアンゴ、(おそらく)ピンダル洞窟を訪ねる。

1914年
7月 第一次世界大戦勃発
12月 徴兵検査ののち招集。第13看護小隊に配属。

この頃に『創造的進化』と、独自の思想との違いを意識する。→(テイヤールの生涯Ⅰ p.90)

1915年
1月20日 第8モロッコ狙撃兵連隊(6月22日、第4アルジェリア歩兵狙撃兵混成連隊と改名)に配属
5月15日 伍長に進級

1916年
11月25日 大尉昇進

『宇宙的生命』執筆。→『テイヤールの生涯Ⅰ p92』

1917年
8月13日 『神秘の場』執筆。
9月 『前線への郷愁』執筆。→『テイヤールの生涯Ⅰ p95』

1919年
3月10日 除隊
7月   復員者のための特別国家試験 地質学研究証書試験《良》で合格
10月  植物学研究証書試験《可》で合格

『物質のうちなる精神の力』執筆。

1920年
2月28日 手紙「最後の学士試験の準備に夢中になり、時おりへとへとになっているのに気がつきます…」→『テイヤールの生涯Ⅰ p79』
3月19日 動物学研究証書試験《可》で合格
6月16日 レジョン・ドヌール五等勲章を授与される
8月 渡英。ピルトダウンで「発見」された頭蓋骨に感銘を受ける。

地質学者グレンジャー(米国自然史博物館)と知り合う。
「ジャージ島の構造に関する覚書」出版。

1921年
7月5日 始新世前期の哺乳類と地層に関する学位論文を提出

最初の四半期間にスイス・バーゼルの科学者シュテーリンと親交を結ぶ。

1922年
3月22日 始新世前期の哺乳類と地層に関する学位論文公開審査。審査委員会を完全に満足させた。
3月25日 オーギュスト・ヴァランサンに「原罪を歴史的見地からどのように考えるか」と題するエッセイを送る。→1924年11月13日の手紙の理由
8月7日、または8日 バーゼルのシュテーリンを訪ねる。
8月 ブリュッセルで開かれた学会で中国地質調査所所長代理の科学者ウォンウェンハオに会う。

「フランスの始新世後期の哺乳動物と当時の地層」という論文で博士号を授与され、パリのパトリック学院の地質学助教授となる。→『テイヤール・ド・シャルダン』竹田誠著p65 3/22とかぶっているのか? 前期と後期の違いがある。

1923年
2月 フランスからリサンへ電報を打つ。「一年の予定で行く..」→生涯Ⅰ p.109
北彊博物館マルスラン・ブール館長が中国に招く。→テイヤール・ド・シャルダン竹田誠二著p66
4月6日 マルセイユを出航。
5月17日 上海着。
5月23日 天津着。
6月7日 北京へ。地質学会出席。リサンの研究成果を発表。ブリュッセル大学の学生だったウォンウェンハオに再会。
6月11日 天津出発。
6月12日 天津からオルドスに向かう。→テイヤール・ド・シャルダン竹田誠二著p68
7月6日 オルドス砂漠に着く。→テイヤール・ド・シャルダン竹田誠二著p69
7月6日〜13日 吾拉臭河拉(ウラシュホーラ)の化石遺跡にテント生活。→テイヤール・ド・シャルダン竹田誠二著p.69
7月16日 シャラ・オソ・ゴル(紅柳江)からブルイユ神父に手紙を書く。→神父と頭蓋骨p.113
8月15日 クリストフ・ゴードフロワ神父に手紙→神父と頭蓋骨p.112
8月25日頃 W.W.デービス教授、ジョージ・バーバと張家口に行く。第四期前期の層の重要性を指摘。後日バーバとリサンは多数の化石を発見。

オルドス砂漠で『世界に捧げるミサ』執筆。

“ピエール・テイヤール・ド・シャルダン年譜” の続きを読む